ランチェスター戦略 ランチェスター戦略

ランチェスター戦略的ホームページ活用術

【中小企業 web集客方法】YouTubeに動画を何本ぐらい投稿するべきか?

【中小企業 web集客方法】YouTubeに動画を何本ぐらい投稿するべきか?

今や国民の2人に1人が利用しているほどまでに利用者数が拡大したYouTube。

恐らく、閲覧したことがないという方は、ほぼいないのではないでしょうか?

 

そんなYouTubeを中心とした動画のマーケティング施策は、我われ中小・零細企業にとっても外せないものとなってきました。

 

YouTube施策は、本数勝負!

 

残念ながら、YouTubeへ動画を1本2本投稿した程度では、集客の観点からすると何も変化は訪れません。

 

集客とは、それぐらい甘くはないものだということでしょう。

 

私はセミナーや講演等で、

 

「動画1本を、チラシ1枚だと思って下さい」

 

と説明しています。

 

恐らく、チラシは数枚配布した程度では目に見えた効果は表れないはず。

 

YouTube動画とて、同じということです。

つまり、動画施策は本数勝負というのが前提になるのです。

 

では、動画を何本投稿しればいいのか?

 

くどいですが、YouTube施策は本数勝負。

大量投稿が肝というのは、前述の通りです。

 

では、具体的にどのくらい投稿すればいいのか?
マーケティングや集客に正解は存在しませんので、

 

「これだけやれば絶対成果が出ます!」

 

とは、残念ながら言い切れません。
しかし、目指すべき「目安」は存在します。

 

動画が1,000本超えると、ほぼ独り勝ち!?

最終的に目指すべき定量目標は、動画投稿1,000本です。

 

動画の投稿本数が1,000本まで到達すると、ほぼ独占。

 

自社に関係する単語であれば、どんなキーワードでGoogleやYahoo!で検索しても自社が表示されるようになるでしょう。

 

そういえる根拠は、YouTube動画施策で成功を収めた先人たちは、皆1,000本超えを達成しているという事実です。

 

但し、これまで弊社がご支援してきた企業での実績や、弊社自身の実績を踏まえると施策効果を実感し始めるのは、投稿数が200~300本ほどに到達した辺りからです。

 

弊社の場合は、200本ぐらいでした。

 

「あ、動画見てくれてんだな」

 

と感覚的に効果を感じるケースもあれば、

 

アクセス解析により定量的に効果を確認することもできます。

 

月20本を最低目標として実直に進めるべし!

まずは200~300本を目指す。

 

こう聞くと、気が遠くなるかと思いますが、私が普段推奨している最低目標数値があります。

 

それは、「月20本」です。

 
「まずは、月20本を5ヶ月間だけ頑張って下さい」

 

とお伝えしております。

 

理由は、以下2点です。

 

1.これから集客の強化、売上げ客数アップを考えているのであれば、1日1本(週5営業日で計算)動画を投稿する程度の努力はするべき

 

2.トータル100本(月20本×5ヶ月)までいけば、その頃には動画施策に取り組むこと自体が習慣化される

 

 

以上2点を理由に、最低20本/月!

 

これを目安に取り組むことを推奨しております。

 

まとめ

YouTubeを活用した動画施策は、とにかく本数勝負。

 

1日1本ペースの月20本が最低ラインであると捉えて、実直に取り組んでみて下さい。

 

YouTubeが集客に有効だと知っていても、実際に取り組む人や企業は1割程度

 

さらに、実直にコツコツと継続し続けられるのは、その中でも1割程度

 

しかし、成功事例は、その数パーセントの中から必ず登場するのです。

 

 

開催中のセミナー

中小・小規模事業者が極力コストをかけずに新規顧客を獲得するweb集客術

【ランチェスター戦略セミナー 東京開催】戦略社長塾

【小規模事業者の為のWebマーケティングセミナー】ゼロから始めるFacebook集客セミナー

【小規模事業者の為のWebマーケティングセミナー】小さな会社がYouTubeとブログで新規客を集めるネット集客法

関連記事

小さな会社の顧客獲得戦略5つのヒント

都道府県