ランチェスター戦略 ランチェスター戦略

ランチェスター戦略的ホームページ活用術

【中小企業社長の仕事術】社長のカバンの中身!多忙な社長は鞄がデカい!?

【中小企業社長の仕事術】社長のカバンの中身!多忙な社長は鞄がデカい!?

中小企業の社長は、とにかく忙しい。

 

顧客への営業活動はもちろんのこと、事務処理等のデスクワークも銀行訪問もこなさなければなりません。

会社にいるときは、外部からの電話対応にも迫られますし、採用活動も原則自ら取り組まなければなりません。

 

中小企業、特に従業員30人以下の小さな会社の社長は多忙を極める人種です。

 

そんな、中小企業の社長は普段どのような鞄を使っているのか?

 

これが今回のテーマです。

 

鞄選びは“時間術”でもある

小さな会社の社長が多忙を極めているということは前述の通りです。

会社規模が小さいゆえ、社長といえども現場プレーヤーを兼ねることが大きな理由です。

 

したがって、とにかくやらなきゃいけない事が多い。

 

これが、小さな会社の社長の特徴です。

 

1つの打開策として、私は基本的に

 

「ゆっくり机に座って何かに取り組む時間はない」

 

ということを前提に、時間の使い方を検討する必要があると考えています。

 

つまり、“どこにいても常に仕事を遂行できる備え”が社長には求められます。

 

これはすなわち、普段使用するカバン選びに密接に関わってくるというのが、基本的な考え方です。

 

多忙な社長の鞄はデカい

上記のような考え方から、社長はどこにいても常に仕事をこなせるように備えておく必要があります。

 

その一例を挙げると以下のような点です。

 

● 常にノートPC(又はタブレット端末)を持ち歩く

● 手帳やノートなど、書くものも常備

● 目を通す必要のある書類も常備。隙間時間で対応する

● 書籍や雑誌も常備。机でじっくり読書はできないと割り切る

 

このように、仕事の遂行に必要なものを常に常備しておくことで、場所の制約を受けることなく仕事を推し進めることができるようにします。

 

ゆえに、社長の鞄はデカく(重く)なってしまうことを避けられません。

 

超おススメは、TUMIのビジネスバッグ!

では、どんな鞄を選ぶと良いのか?

 

カバン選びには、好き嫌いの趣向が出ると思うのであくまで一例ですが、私のお勧めはTUMIというブランドのビジネスバッグです。

 

特徴は2点で、まず非常に丈夫であること。

詳しくは割愛しますが、非常に頑丈な素材で作られているため、相当ハードに使いこなしてもヘコたれることはありません。

 

実際に、鞄は使い込んでいるうちに、どんどん見た目が残念な状態になっていってしまいますが、TUMIのビジネスバッグは丈夫であるため、その点の心配は少なくて済みます。

 

そして2点目の特徴は、超機能的であること。

実物をみると分かるのですが、仕切りやポケットなどがかなり計算されて作られています。

 

そのため、同等サイズの他メーカーの鞄と比べると、非常に収容力が高い鞄だと思います。

 

これは、あれこれ様々なものを持ち歩きたい超多忙な社長には、強力な武器になりうる要素です。

 

まとめ

鞄は個人の趣味趣向が反映されるものなので、強要するものではないというのが前提ではありますが、鞄選び1つで超多忙な社長業を楽にすることができます。

この記事を参考に、ぜひ普段使用する鞄を見直してみて下さい。

 

 

開催中のセミナー

中小・小規模事業者が極力コストをかけずに新規顧客を獲得するweb集客術

【ランチェスター戦略セミナー 東京開催】戦略社長塾

【小規模事業者の為のWebマーケティングセミナー】ゼロから始めるFacebook集客セミナー

【小規模事業者の為のWebマーケティングセミナー】小さな会社がYouTubeとブログで新規客を集めるネット集客法

関連記事

小さな会社の顧客獲得戦略5つのヒント

都道府県